幼児教育は重要です

特に幼児期には、自分で考えられる力を育んであげましょう。

子どもの教育で誤りやすいのが、知的教育だけを行い、心の教育が疎かになってしまうことです。

そのような子どもは、知識はあっても活かし方や他人を思いやることができなくなってしまいます。

バランスよく子育てをしていきましょう。

子どもの成長は特に0歳から6歳までが著しいといわれます。

よく世間で言われる、『幼児教育』というものです。

毎日わずかでもいいので、一日を疎かにせず大切に取り組んでいきましょう。

勉強は学校に入ってからでもいいから、遊ばせて親がぼんやりと子どもの成長を願う方針ですと、 一番子どもにとって飛躍的に成長できる重要な時期をみすみす逃してしまいます。

Copyright © 2007 旺文社『まいにちがたからもの』は幼児教育に効果!. All rights reserved